指輪の予算 についての記事一覧- ページ 2 / 3 - 指輪、予算ってどうしたらいいの?

HOME » 指輪の予算

指輪の予算

結婚指輪「ヴァンドーム青山」はおすすめ?

結婚指輪「ヴァンドーム青山」の特徴とデザイン

結婚指輪のプレゼントに、ヴァンドーム青山の指輪を選ぶのもアリかもしれません。
ブランド名が、有名ブランドと比べるとまだまだ認知されていませんが、TVドラマでタレントがこのブランドを身に着けていたこともあって、段々と知られてきているブランドです。
デザインは、シンプルでカジュアルな感じで、幅広い世代の人にマッチしそうです。
もちろん、男物と女物の両方を揃えられます。
≫ 『結婚指輪「ヴァンドーム青山」はおすすめ?』

指輪の予算の決め方

指輪を買うときに予算の決め方はどのようにしているでしょうか?
普段ショッピングをする場合、おそらくほとんどの人が予算をどれくらい準備できるのかをチェックしてから選ぶと思いますが、予算の決め方がうまくできていないと納得できるものが買えないこともあります。

指輪は日常的に身に付けるものから、特別な場面で使うもの、あるいはエンゲージリングやマリッジリングとしても使われるので予算もどの場面で使うのかによって異なります。
たとえばエンゲージリングやマリッジリングは時期が購入時期が近くなることも多いですし、同時購入することによって安くなるサービスをしているお店もあります。
そこでまずは婚約から結婚のスケジュールを決めて、どこにどれくらいお金がかかるのかをチェックしておくとスムーズに予算が決められます。

エンゲージリングの場合は男性から女性へ贈られることがほとんどなので、男性側がうまく調整して予算を決めなければなりませんから、お店のサービス期間などをチェックするなどしてうまく購入のタイミングを見極めるといいかもしれません。
結婚前後はお金がかかるものなので、指輪にばかりお金をかけられませんから生活のことも考えた予算の決め方をする必要があるでしょう。

また、普段使いの指輪の場合は自分のものを買うのかプレゼントなのかによって違うと思いますから、お金をかけすぎて後で生活がきつくなることのないように注意してください。
最近では専門のアトリエで手作りすることもできますし、そういったところでは比較的予算が少なくても本格的な指輪が作れるそうなので、選択肢に入れてもいいかもしれません。
既製品を購入する場合は、インターネットを利用すると安くなることが多く、ショッピングサイトのバーゲンやポイントを使って購入すると店舗で買うよりかなり安くなります。
予算の決め方は人それぞれですが、先のことを考えて無理のない予算計画を立てることが大切です。

指輪の選び方

指輪は日常的に身に付けるアクセサリーとして身近な存在であり、パーティや冠婚葬祭の場面でも身に付けますし、エンゲージリングやマリッジリングとしても必要になります。
特に女性にとってはとても身近なアクセサリーで、その日のスタイルに合わせて使い分けている人も多いのではないでしょうか?
そこでここでは新しい指輪を購入するときの選び方についてお伝えしていきたいと思いますので、今指輪の購入について悩んでいる方は参考にしてください。

はじめに指輪の選び方として重要なポイントになるのが、「どこで身に付けるものなのか」そして「どのくらいの予算をかけられるのか」の2点になります。
まず「どこで身に付けるものなのか」というのは冒頭でもお伝えした通り、指輪はいろいろなシーンで身に付けることが多いですから、スタイルに合ったものを選ぶ必要があるからです。
たとえば普段使いの指輪を買うなら普段どんなファッションを好んでいるのかで決めればいいので、フェミニンなスタイルが好みなら女性らしさを強調できるデザインのものがいいですし、クールなスタイルが多いなら少し大人っぽいデザインのものがいいでしょう。

また、予算を決めるときも普段使いのものと特別な場面で使うものでは金額が変わってくると思います。
ですから、どんな指輪があるのか見てから決めると言うよりはある程度デザインや予算をイメージしてから探したほうがスムーズに決まりますし、賢い選び方と言えるでしょう。

そして高級ブランドショップやジュエリーショップで購入する場合は、インターネットを活用するとすでにどんなデザインのものがどれくらいの予算で買えるのか分かりますから、あらかじめチェックしてみてください。
新作などの情報もホームページから分かりますし、ショッピングサイトだと店舗で買うより安くなる場合もあります。
このように賢い指輪の選び方をすれば少ない予算でもクオリティの高い指輪が買えるのです。

手作り指輪の予算を決める

エンゲージリングやマリッジリングを手作りしたいと考えているカップルも多いと思いますが、そこで気になるのが予算についてです。
結婚を控えているカップルにとってお金をかけるところはひとつではありませんし、結婚式や披露宴をするとなるとお祝儀が入るとは言えかなりの金額になります。

また体験談によると結婚に備えた準備や生活にも結構お金がかかりますし、結婚の前後でしっかり生活していけるだけのお金を準備しておかなければなりません。
そういった意味ではなかなか指輪に予算を割けないという人も多く、頭を悩ませる問題となっているでしょう。

まず手作り指輪とは厳密に言えば高級ブランドショップやジュエリーショップで購入した既製品もプロの職人が手掛けているので手作り指輪に該当するのですが、こちらは大量生産されているものも多いので希少性という面ではあまり価値を見出せませんし手作り感もないと思います。
手作り指輪と言えばやはり自分たちで考えて作ったものというのがしっくりきますから、選択肢も絞られてきます。

実際に手作り指輪を作った人の体験談によると、オーダーメイドやセミオーダー、あるいは専門のアトリエで自分も作業に加わって作る選択肢があって、それぞれメリットがあります。
オーダーメイドは一から自分たちで素材や石、デザインや加工法まで決めて、それを職人に作ってもらえるのがメリットですが、その分コストはかかってしまいます。
セミオーダーの場合はあらかじめ準備された選択肢の中から組み合わせて作り上げていくので、オーダーメイドほど自由度は高くありませんがその分コストを抑えられます。

最後に専門のアトリエは一から決める、あるいは選択肢の中から組み合わせて自分も作業工程に加わって作るので、より手作り感があります。
予算もオーダーメイドやセミオーダーより安いので、安い予算で作りたいならおすすめです。
詳しくは体験談などを参考にして、どのように進めて行くのか確認してみるといいでしょう。

工房を利用する予算

今、工房を利用して自分で手作り指輪を作りたいという人が増えており、日常的に身に付けるものはもちろん、エンゲージリングやマリッジリングを工房で作る人もいるそうです。
なぜここまで工房で作る手作り指輪が流行っているかと言うと、「オリジナリティを追求できる」そして「予算を安く抑えられる」という2つのメリットがあるからです。

一般的に指輪はブランドショップやジュエリーショップで販売されている既製品を購入することがほとんどですが、これらはいろいろなところで販売されているため、職人の手作り指輪と言っても人と被ってしまうことは間違いありません。
特に人気の高いデザインは欲しい人がたくさんいますから、その可能性は高くなりますし、それだとオリジナリティを追求したいという人の欲求は満たせないでしょう。

工房で手作り指輪を作る工程はまずどんな素材や石を使うのかという点からスタートし、デザインや加工法まで決めることができます。
したがって完全なオリジナルの手作り指輪が作れますから、自分だけの指輪を持ちたい、あるいはプレゼントしたいという人にはぴったりなのです。

作れる指輪は工房によって異なりますし、予算によっても変わってくるので、まずはどんな指輪を作りたいのかある程度明確にしてから工房へ予算を伝えて作れるか問い合わせてみるといいでしょう。
たとえばエンゲージリングの場合、一般的な相場は35万円程度だと言われていますが、工房で手作りするとだいたい10万円くらいの予算でも同じくらいのクオリティのものが作れます。

もちろん工房によりますが、人気のある工房は高級ブランドショップの仕入れ先と取引があるところもありますから、素材や石の種類も豊富ですし職人の技術も高いので仕上がりも驚くほどクオリティが高いです。
実際に利用した人に話を聞いてみると、職人がしっかりサポートしてくれて、仕上がりに影響する重要な工程は職人がやってくれるので失敗のリスクもないそうです。

手作り指輪は作例を参考に

近年、20代30代の若い世代から注目を集めているのが専門のアトリエで作る手作り指輪で、オーダーメイドのように指定したことを職人に任せるのではなく自分も実際の作業に加わって作るので、より手作り感があります。
そこが人気を呼んでファッションに敏感な人はもちろん、婚約指輪や結婚指輪を手作りしたいという人からも支持を集めているそうです。
とは言え、実際に自分で手作り指輪を作ると言ってもいまいちイメージできない人のほうが多いと思いますし、「失敗したらどうしよう…」「予算はどのくらい必要なの?」という声がよく聞こえてくるのも事実です。

まず失敗のリスクについてですが、これはアトリエですべての工程を自分だけでやるわけではなく、熟練の技術を持ったプロの職人スタッフからのサポートを受けながら進めていけるので問題ありません。
特に仕上がりに影響する大事な工程は必ず職人スタッフが行いますし、分からない点があれば必ずサポートしてくれます。
ただ、素材や石、デザインや加工法などを自分で選ばなければならないので、そのアトリエではどんな手作り指輪を作っているのは作例を参考にする必要はあります。

作例はアトリエのホームページに掲載されていることが多いですから、申し込む前に必ずそこで確認してみてください。
作例をチェックするとだいたいどんな手作り指輪が作れるのかイメージできますので、使いたい素材や石もイメージしやすいですし、デザインや加工法の選択肢も見えてくるはずです。

そして予算ですがこちらもアトリエによって違いますので、作例同様にチェックできるのであればホームーページからチェックしてみてください。
ホームページに掲載されていない場合は、電話やメールアドレスから作りたい手作り指輪のイメージを伝えて、目安となる価格の見積もりを出してもらうといいでしょう。
この2点は手作り指輪を作る人がもっとも気になる点ですから、必ずチェックしておいてください。

手作り指輪キットの価格

アクセサリーが好きな人の中には自分で指輪づくりにチャレンジしてみたいという人も多いと思いますが、いざチャレンジしようと思うとコストもかかりますし、なかなか大変です。
最近では婚約指輪や結婚指輪など特別な場面で使う指輪を専門のアトリエを利用して作るカップルも増えていますが、そういったところを利用したとしてもだいたい10万円くらいの価格になりますから気軽にできる値段ではありません。

自分で手作り指輪を作る場合、失敗のリスクをできるだけ少なくしたいと思うのが本音でしょうし、やりたくてもできないという人が多いと思います。
そこで今回おすすめしたいのは自宅でも簡単に手作り指輪が作れるキットの紹介で、これはネット通販などで簡単に手に入れることができます。

手作り指輪のキットってどんなもの?と思う人も多いでしょうが、キットの中にはリング、ハンマー、芯棒、サイズゲージなど必要なものがすべて入っており、説明書に沿って作っていくだけなのでとても簡単です。
もともとキットに出来上がったリングが入っているので、完全に一から作れるというわけではありませんが、大きさも5,7,9,11,13,15,17,19号と選べるようになっていますし、リングの幅の大きさも指定できます。
ある程度決まっている部分はあるものの、オリジナリティを出せますし価格も9,000円程度から30,000円程度と手ごろなので、まずは一度手作り指輪を作ってみたいという人にはピッタリではないでしょうか?

ネットショップをチェックしているといろいろな価格のキットが揃っていますし、バリエーションも豊富なのできっと気に入ったものが作れると思います。
キットを販売しているメーカーの中には定期的に手作り指輪を作る教室を開催しているところもあるみたいですから、キットを使ったものに慣れてきたら教室にも参加して本格的な手作り指輪にもチャレンジしてみてはどうでしょうか?

手作り指輪の相場

指輪はいつものファッションをより華やかにしてくれるだけでなく、パーティなど特別な場面や、婚約・結婚といった場面でも必要になるアクセサリーの中でももっとも身近なアイテムだと思います。
そんな指輪を今自分の手で手作りしたいと考えている人が増えており、専門のアトリエも全国的に多くなっているそうです。

これまで指輪と言えば熟練の技術を持った職人が手作りしていくイメージが強かったと思いますし、高級ブランドショップやジュエリーショップで販売されているものを買うのがスタンダードでした。
しかし20代30代の若い世代を中心にそういった傾向は少しずつ変化しており、自分で考えたオリジナルの手作り指輪を作りたいという人が出てきたのです。
厳密に言えば高級ブランドショップやジュエリーショップで販売されている既製品も職人が手掛けているので手作り指輪であることに変わりありませんが、よりオリジナリティを追求するという意味ではやはりアトリエで一から作るほうが魅力的でしょう。

そこで気になるのが手作り指輪にかかる予算ですが、まず一般的に高級ブランドショップやジュエリーショップで販売されている既製品を購入する場合はどのくらいになるのでしょうか?
たとえば婚約指輪だと平均で35万円程度の予算が相場だと言われていますし、結婚指輪も15万円から25万円程度が予算の相場だと言われています。
一方、アトリエで作る手作り指輪の相場はおよそ10万円程度の予算で既製品と同じくらいのクオリティのものが作れるそうで、これはアトリエにもよりますが安いところだと3万円くらいから金やプラチナをベースにした指輪が作れるみたいです。

なぜ少ない予算でクオリティの高いものが作れるかと言うと、ブランド品を購入する場合はブランド料が加算されますが、自分で作っている場合はアトリエの利用料や材料費しかかかりません。
したがってブランド品よりもコストをかけずにクオリティの高いものが作れるのです。

二人で手作り指輪を作るときの予算

結婚指輪を探しているカップルの中には結婚情報誌や結婚情報サイトなどを見ていろいろな情報を集めていると思いますが、どうしても欲しいランクの指輪と予算が合わないという人も多いのではないでしょうか?
結婚指輪は二人が結ばれることの証となる特別なアイテムですから、できるだけ二人の意思を反映させたものを用意したいと思うのが当然です。

一般的に婚約指輪や結婚指輪は金やプラチナをベースにして、ダイヤモンドを入れた高級感あるものを用意するのがスタンダードですし、せっかく特別なシーンで使うのですから思い出に残るものにしたいはずです。
そこで今回おすすめしたいのは専門のアトリエを利用して二人で手作り指輪を作るというプランで、これには大きなメリットがいくつかあります。

まずもっとも頭を悩ませる部分である予算の面で大幅なコストカットが可能になる点で、たとえば結婚指輪の相場は高級ブランドショップやジュエリーショップで販売している既製品を購入する場合およそ15万円から25万円程度が相場だと言われています。
しかしアトリエで作る手作り指輪なら10万円程度でも同じくらいのクオリティのものが用意できます。

そしてアトリエで作る手作り指輪は基本的に一から二人で素材や石、デザインや加工法を考えるのでオリジナルの指輪を用意できます。
どこにも売っていないので希少性が感じられますし、熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがしっかりサポートしてくれ、仕上がりに影響する部分はすべて担当します。
ですから失敗のリスクがありませんので、安心して作業することができるのです。

最後に二人で一緒に作ったというのが思い出となる点もメリットのひとつで、結婚式のときはもちろん何年か経ってふと指輪を見たときに当時のことを思い出して語り合えます。
このようにアトリエで作る手作り指輪は予算も安く抑えられ、オリジナリティもあり、素敵な思い出も残せるので今とても注目されています。

指輪で有名な国内ブランド

女性にとって指輪はもっとも身近なアクセサリーのひとつであり、シーンに合わせて使い分けている人がほとんどだと思いますが、一般的に指輪のブランドと聞くとハリーウィンストンやブルガリ、カルティエ、ティファニーなどの海外ブランドをイメージする人も多いのではないでしょうか?
特に婚約指輪や結婚指輪など特別な場面で必要になる指輪はこれらの高級ブランドからチョイスする人が多く、指輪の人気ランキングを見ても必ずランクインしています。

しかし海外ブランドだけでなく、国内ブランドにも注目されているブランドはたくさんありますから、選択肢を広げる意味でも知っておいたほうがいいでしょう。
そこで今回は今人気の国内ブランドを紹介していきますので、これから指輪を選ぶ人は参考にしてください。

まずひとつめは国内ブランドでも高い知名度を誇る4℃(ヨンドシー)で、このブランドは全国各地に店舗を構えており、見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?
このブランドは1972年にできたブランドで、"19歳の誕生日に4℃のジュエリーを贈られた女性は幸せになる"という言い伝えもあるそうです。
指輪のバリエーションも豊富で、どちらかと言えば20代30代の若い世代向けのデザインのものが中心になりますが、40代以上の大人向けのデザインのものもありますし、比較的シンプルで合わせやすいデザインが多いので長く身に付けることができます。

次に婚約指輪や結婚指輪で有名なのが俄(にわか)というブランドで、ここは京都から発信されているダイヤモンドで有名なブランドです。
ここのもっとも大きな特徴は熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがひとつひとつ手作りしており、「俄ダイヤモンド」と呼ばれるくらい高いデザイン性を誇ります。
日本ならではの唯一無二の存在感を感じさせてくれる指輪を求めているならおすすめです。

ほかにも国内ブランドにはまだまだおすすめのところがありますから是非調べてみてください。