指輪の予算 についての記事一覧 - 指輪、予算ってどうしたらいいの?

HOME » 指輪の予算

指輪の予算

指輪、予算ってどうしたらいいの?

結婚指輪の予算は収入とよく相談

結婚指輪を作る上で気になるのは、予算についてでしょう。

どこまでお金をかければ良いのかと悩んでいる方もいらっしゃるでしょうが、結論を先に述べると、自分達の収入とよく相談することです。

結婚指輪を手にした後は、2人の生活が待っています。

将来的には、何かとお金がかかるイベントも待ち受けているでしょう。

結婚指輪の支払いで生活が難しくなるのは、本末転倒です。

だからこそ結婚指輪の予算は、自分達の収入とよく相談するようにして下さい。

≫ 『指輪、予算ってどうしたらいいの?』

結婚指輪購入口コミ「京都のブランド」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

15

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

両方とも10万くらいだったと思います。

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

主人が大学時代京都におり、京都への思い入れも強く、京都のブランドで何かいいものはないかと探しました。

たまたま主人の暮らす横浜に俄の支店があり見に行ったところ、いろいろなデザインがあり、手作りで結婚指輪っぽくなくて、男女問わずお揃いで長く使えそうなところが気に入り注文しました。

当時はあまりメジャーではなかった?かもしれず、周りで持っている人がいなかった点も気に入りました。

ケースも和風の白い陶器に入っており、さらに木製の箱に入れていただけました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「京都のブランド」』

結婚指輪は結婚後に用意してもいい?

結婚指輪はいつ用意すればいい?

結婚指輪は結婚前に用意する方も多いですが、それが義務ではありませんから、結婚後に用意してもOKです。

どうするかはそれぞれのカップルや夫婦の好みや事情に応じて好きに決められます。

結婚前にどうしても指輪の予算を用意できない場合、結婚後にしっかり予算が溜まってから好みの指輪を買うという方法もおすすめです。

しかしそれだと結婚しているのに指輪をしない期間が生じますよね。

結婚しているなら指輪をしたいと思うなら、正式な結婚指輪を買うまでの間、仮の指輪をしておくという方法もあります。

指輪にはいろいろなものがあり、それらを個人的に結婚指輪として使ってもまったく問題はありません。

ノーブランド品の指輪はたくさん売られており、中には1万円以内で購入できるペアリングもあります。

これなら予算をあまり用意できない中でも購入しやすいですから、正式な結婚指輪を購入するまでの仮の指輪として使っておき、正式な指輪を購入する予算が溜まったら、改めて結婚指輪を購入するといいでしょう。

≫ 『結婚指輪は結婚後に用意してもいい?』

結婚指輪購入口コミ「かっこいいデザインにしました」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

20年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

8万 12万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

この結婚指輪は主人のお父さんが昔勤めていた呉服店で扱われていた商品の中から選んだものです。

私は体がそんなにぽっちゃりしているわけでもなくどちらかと言えば細身の方なので、指輪自体は太いものにはしませんでした。

かと言って細すぎるのは何だか軽い気がいして、細い指輪でもありません。

真ん中にダイヤモンド上下には黒い淵があり少しかっこよく見えないかとこのデザインに決めました。

女の子!って性格ではないので、かわいらしい指輪をつけるのには少し抵抗がありました(笑)
≫ 『結婚指輪購入口コミ「かっこいいデザインにしました」』

結婚指輪のダイヤ取れることはある?

結婚指輪のダイヤって取れるの?

結婚指輪にはダイヤがよく取り付けられていますが、これが取れるという話を聞いたことがある方もおられるでしょう。
実際にこれら指輪のダイヤ取れることはあるのかというと、実はあります。
そう簡単に取れないようにしっかり固定されていますが、強い衝撃や力が加わったり、留め金が変形したり、経年劣化により金属の強度が落ちてきたりすると、ダイヤ取れることもあるのです。
ダイヤ付きの結婚指輪を選ぶ場合、このことは注意点としてよく確認しておくといいでしょう。
≫ 『結婚指輪のダイヤ取れることはある?』

結婚指輪購入口コミ「結婚指輪として憧れていたラブリング」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚17年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

両方とも13万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

カルティエのラブリングが結婚指輪として流行っている時だったので雑誌の結婚指輪特集に良く掲載されていて、
結婚指輪は絶対にカルティエのラブリングをもらおうと結婚が決まる前から決めていました。
実際に結婚が決まってから主人に相談すると男性でもできるデザインであることや、
ちょっと個性的な結婚指輪が欲しかった主人も賛成してくれてプラチナは値段が高すぎる、ゴールドは男性は着用しにくいので夫婦共々ホワイトゴールドのラブリングに決めましたが、
値段もそれほど高くないのに存在感があったことも決め手になりました。
≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚指輪として憧れていたラブリング」』

結婚指輪購入口コミ「オーダーで世界に一つだけのオリジナルに」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚3年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

妻 123,000 夫89,000

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

元々オーダーメイドにして、誰とも被らないデザインにする予定だったので世界に一つだけの自分たちのオリジナルに出来たことが何よりもポイントです。

デザインは私がほとんど決めたのですが、元々服飾関係の仕事をしていたため、アクセサリーとして指輪はよくつけていましたので、色んな指輪と重ね付けしても馴染むような

シンプルでカジュアルなデザインを心がけました。

あんまり高級感みたいな感じは好きではないので自分好みのデザインにできて良かったと思います。

後は高級感を出さなかった分お値段も抑えられたと思います。

元々できてある結婚指輪だと中々再現できないとおもうのでオーダーメイドにして良かったです。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「オーダーで世界に一つだけのオリジナルに」』

ハーフエタニティの結婚指輪

ハーフエタニティの結婚指輪

結婚指輪のデザインを決めるとき、ハーフエタニティというデザインを選べる場合も多いです。
これも人気デザインの一つです。
宝石をなるべくたくさん使ったデザインで、なおかつお得で使いやすい指輪がいい方などにおすすめです。
ハーフエタニティとは半分だけエタニティリングになっている結婚指輪となります。
エタニティリングとはリングの表面すべてにダイヤモンドを並べた指輪です。
びっしりと宝石が並んでいるおかげで非常に輝きが強いのが特徴です。
≫ 『ハーフエタニティの結婚指輪』

結婚指輪「ヴァンドーム青山」はおすすめ?

結婚指輪「ヴァンドーム青山」の特徴とデザイン

結婚指輪のプレゼントに、ヴァンドーム青山の指輪を選ぶのもアリかもしれません。
ブランド名が、有名ブランドと比べるとまだまだ認知されていませんが、TVドラマでタレントがこのブランドを身に着けていたこともあって、段々と知られてきているブランドです。
デザインは、シンプルでカジュアルな感じで、幅広い世代の人にマッチしそうです。
もちろん、男物と女物の両方を揃えられます。
≫ 『結婚指輪「ヴァンドーム青山」はおすすめ?』

指輪の予算の決め方

指輪を買うときに予算の決め方はどのようにしているでしょうか?
普段ショッピングをする場合、おそらくほとんどの人が予算をどれくらい準備できるのかをチェックしてから選ぶと思いますが、予算の決め方がうまくできていないと納得できるものが買えないこともあります。

指輪は日常的に身に付けるものから、特別な場面で使うもの、あるいはエンゲージリングやマリッジリングとしても使われるので予算もどの場面で使うのかによって異なります。
たとえばエンゲージリングやマリッジリングは時期が購入時期が近くなることも多いですし、同時購入することによって安くなるサービスをしているお店もあります。
そこでまずは婚約から結婚のスケジュールを決めて、どこにどれくらいお金がかかるのかをチェックしておくとスムーズに予算が決められます。

エンゲージリングの場合は男性から女性へ贈られることがほとんどなので、男性側がうまく調整して予算を決めなければなりませんから、お店のサービス期間などをチェックするなどしてうまく購入のタイミングを見極めるといいかもしれません。
結婚前後はお金がかかるものなので、指輪にばかりお金をかけられませんから生活のことも考えた予算の決め方をする必要があるでしょう。

また、普段使いの指輪の場合は自分のものを買うのかプレゼントなのかによって違うと思いますから、お金をかけすぎて後で生活がきつくなることのないように注意してください。
最近では専門のアトリエで手作りすることもできますし、そういったところでは比較的予算が少なくても本格的な指輪が作れるそうなので、選択肢に入れてもいいかもしれません。
既製品を購入する場合は、インターネットを利用すると安くなることが多く、ショッピングサイトのバーゲンやポイントを使って購入すると店舗で買うよりかなり安くなります。
予算の決め方は人それぞれですが、先のことを考えて無理のない予算計画を立てることが大切です。