結婚指輪は結婚後に用意してもいい?

HOME » 指輪の予算 » 結婚指輪は結婚後に用意してもいい?

結婚指輪は結婚後に用意してもいい?

結婚指輪はいつ用意すればいい?

結婚指輪は結婚前に用意する方も多いですが、それが義務ではありませんから、結婚後に用意してもOKです。

どうするかはそれぞれのカップルや夫婦の好みや事情に応じて好きに決められます。

結婚前にどうしても指輪の予算を用意できない場合、結婚後にしっかり予算が溜まってから好みの指輪を買うという方法もおすすめです。

しかしそれだと結婚しているのに指輪をしない期間が生じますよね。

結婚しているなら指輪をしたいと思うなら、正式な結婚指輪を買うまでの間、仮の指輪をしておくという方法もあります。

指輪にはいろいろなものがあり、それらを個人的に結婚指輪として使ってもまったく問題はありません。

ノーブランド品の指輪はたくさん売られており、中には1万円以内で購入できるペアリングもあります。

これなら予算をあまり用意できない中でも購入しやすいですから、正式な結婚指輪を購入するまでの仮の指輪として使っておき、正式な指輪を購入する予算が溜まったら、改めて結婚指輪を購入するといいでしょう。

どうしても結婚前に指輪が欲しいなら

予算がない中でも、正式な結婚指輪を結婚後ではなく、なるべく結婚前に用意したいなら、いくつかおすすめの方法があります。

まずは格安で特別な結婚指輪を入手できる方法です。

結婚指輪はジュエリーショップで購入するだけではなく、工房を利用して自分たちで手作りするという方法があります。

この方法の場合、格安の工房を利用すれば10万円以下でペアリングを製作できることがあり、予算がない中でも結婚指輪を手に入れられます。

しかも自分たちの手で作ったという世界で一つだけの指輪が手に入りますから、特別な指輪が欲しい方にもおすすめの方法です。

このほか、結婚指輪の費用の代金は分割払いできる場合も多いです。

審査があるため誰でも使える方法ではありませんが、審査を通過できれば分割払いで結婚指輪を購入できます。

予算が足りなくても結婚前に欲しい指輪を手に入れられます。