結婚指輪購入口コミ「"withダイアモンド"という一つのダイアモンドを二つに分けてお互いの指輪に」 - 指輪、予算ってどうしたらいいの?

HOME » 指輪の予算 » 結婚指輪購入口コミ「”withダイアモンド”という一つのダイアモンドを二つに分けてお互いの指輪に」

結婚指輪購入口コミ「”withダイアモンド”という一つのダイアモンドを二つに分けてお互いの指輪に」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

旦那:10万 自分:9万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

自分たちでオリジナルでデザインを発注することができた。

また、担当していただいた方がとても親身になって相談に乗ってくれたり、私たちの好みを判断してお薦めを紹介、デザインの提案をしてくれました。

デザインは結婚指輪ですが、毎日つけても飽きない。

装飾がないとてもシンプルなデザインにしました。

指輪の内側には、「withダイアモンド」という一つのダイアモンドを二つに分けて、お互いの指輪に埋め込んでいます。

これは一つのものを2人で共有している、2人で一つ。

などの意味が込められているそうで、その意味が素敵だったので埋め込むことにしました。

6. その結婚指輪に決めて良かった点はありますか?

【よかった点】

自分たち好みのシンプルで飾りがないデザインにできたことで、ギラギラしたものが得意じゃない私たちにとっては付けやすいものになりました。

【悪かった点】

装飾がない分、日常生活でつく傷が少々目立つところ。

見方を変えれば味になりますが、どうしても表面の光沢がくすんでしまうところが、難点です。

7. 結婚指輪を選ぶ際、悩んだ点はありますか?

制作した指輪いがいだと、メビウスの輪のような捻れたデザインのものや、表面がヤスリで削られているスモークがかかったようなマットなデザインなど、いろんなデザインを考えてもらいました。

他には制作してもらった店舗ではないところで、至って普通のよくある結婚指輪のデザインも見ましたが、やはりそれにはピンとこなかったです。

8. その結婚指輪に対して、周りからの反応はいかがでしたか?

毎日仕事や家事、風呂場や寝る時もいつも肌身離さず付けていますが、ふとした時に指輪が視界に入ると、付き合っていた頃のことや指輪を買いに行ったこと、結婚式を挙げた日のことを思い出すことがあります。

指輪をしてまだ間もないですが、すでにいろんなことを思い出すアイテムとして、自分自身にはなくてはならないものとなっています。

日常でついた表面の傷は、それもある意味一つの思い出でもあり、傷ついてるという意味ではなく、共に結婚生活を歩んでいる相棒とすれば、いい意味で捉えることができますね。

9. 結婚指輪の購入を検討している方へアドバイスをお願いいたします

私も昔から、「結婚指輪を左手薬指にはめるのが夢!」と思っていて、指輪をすることはとても憧れていました。

今の旦那と付き合っていた頃もカップルとして指輪をはめていましたが、「左にはめたい。」と言うと断られたことがあります(笑)今思うと、意味が変わりますからね。

なので当時は右手の薬指に、付き合って1年目で買ったお揃いの指輪をはめていました。

その後お付き合いはうまく行き、当時の彼は今旦那になりましたが、やっと2人で左手の薬指に指輪をすることができています。

旦那はどうかわかりませんが、私はずっと待ち望んでいた結婚指輪なので、指輪を見るといろんな思い出が蘇り、懐かしいと思う気持ちもあれば、これからずっとこの先も旦那と家庭を築いていく。

そのことを再確認できるアイテム。

お守りとしてとても大切にしています。

検討している方にも、そんな大切な自分自身の「お守り」として是非購入してはいかがでしょうか?